アフラックのCMを見たきっかけで良いがん保険を見つけた管理人のがん保険の選び方!!お伝えします。

がん保険の正しい選び方

スポンサードリンク

がん保険の選び方〜保険料(払込期間)を選ぶ

次は保険料について考えたいと思います。がん保険選び方〜保険料(払込期間)を選ぶ

 

 

保険料については保障内容や保障期間と連動するものなので
双方バランス良く考えて、自分にとっての落とし所を探しましょう。
と言ったところです。しかし、ここで考えたいのが、

 

 

がん保険の保障期間を終身とした場合において
保険料の払込期間をどうするか?です。つまり、

 

●保障が続く限り一生支払い続ける「終身払い」にするのか? 又は

 

●補償は一生続くが、60・65歳払い等の「短期払込」にするのか? の選択肢です。

 

 

 

「短期払込」のメリット(というか理由)は
がん保険選び方〜保険料(払込期間)を選ぶ

自分が働いて稼げる年齢(定年)までに保険料の支払いを終わらせ、
老後に支払いが残らない事です。一方、デメリット
月々の(年間の)保険料の負担が終身払込と比べて大きい
という事になります。

 

 

また、「短期払込」の特徴としては、保険料の総支払金額が契約時に
わかる=決定している事です。これは、長生きした場合「終身払い」を
選択した時と比べ、総保険料は安く済むが、反対に短命であれば
「終身払い」をした時と比べ保険料の総支払額が高くなります。

 

 

そして、総支払額が予め分かるという事は将来設計が立てやすい半面、
先に多めに保険会社にお金を渡すという事になるので、将来の社会
情勢の変化へのフットワークが悪くなるという事でもあります。

 

 

 

がん保険選び方〜保険料(払込期間)を選ぶ

次に「終身払い」のメリット・デメリットを述べます。

デメリットは定年退職後等の老後になってもその保険料を支払い続け
なければいけない点です。メリットは「短期払込」と比べて月々の
(年間の)保険料は安いので家計の負担は比較的楽になると
思います。また、数年後に訪れるであろう、がん保険の見直しが
しやすいというか(他社乗換等の)フットワークが軽くなると思います。

 

 

また「終身払い」の方が、(がんに罹ったら保険料が免除になる)
払込免除等の特約がある場合において、払込総額の保険料
が安くなる可能性が高そうです。(もちろんがんに罹る年齢にも
よるので一概には言えないのですが....)

 

がん保険選び方〜保険料(払込期間)を選ぶ

 

 

最後に、「終身払い」でも「短期払い」でも

どちらかを選択した場合においても保険料の支払いを

月払いにするのか?年払いにするのか?
(もちろん年払の方が安くなる)検討する事もお勧めいたします。

 

 

 

がん保険選び方〜保険料(払込期間)を選ぶ

保険料の払込免除の特例等があるがん保険は

がんになったら免除になるのか?所定の高度障害等になったら
なのか?
等、保険会社によって条件が異なります。注意しましょう。

 

 

>>がん保険はアフラックだけじゃない〜がん保険の特徴のページへ
>>アフラックのがん保険は良い保険!?のTOPページに戻る

スポンサードリンク