アフラックのCMを見たきっかけで良いがん保険を見つけた管理人のがん保険の選び方!!お伝えします。

がん保険の正しい選び方

スポンサードリンク

がん保険は必要ありません!

 

がん保険は必要ありません!

 

そもそも生命保険なんかいらない!という考え方とは?

 

生命保険の原則は相互扶助。万が一の時に備え、みんなで少しずつ
お金を出し合い、
万が一が起こってしまった人に、金銭的な部分で
助ける仕組み。この仕組みがなかったら、万が一があった場合に
お金が無ければ路頭に迷ってしまいます。

 

 

なので、この仕組みに賛同すれば加入し、賛同しなければ
「自分には必要ない。その万が一には自分でなんとか(貯蓄に励む等)
備えれば良い」という人は加入しなければ良いだけ。

 

 

そもそも万が一なんて確率はうんと低い。結局は保険会社が
儲かるだけ。
だから保険料はもったいないし加入しない...。
生命保険なんかいらない!」と唱えている人はそんな言い分です。

 

 

一方、「扶養がいて今は貯蓄がないので、ある一定期間加入する
死亡保険は必要」とは考えるが、「医療保険やがん保険は
必要ない
」という保険種類ごとに必要・不必要を唱える人もいます。

 

 

がん保険は必要ない!という考え方とは?
がん保険は必要ありません!

 

がん保険なんて、もらえる補償金額は大した事無い。
がんに罹らなかったら、支払った保険料は一切無駄。

 

 

なので、がんという病気に金銭的に備えるためには
がん保険ではなく、利便性の高い預貯金を増やす方が良い。
これが、がん保険不要論の大方の言い分です。また、

 

 

「がん保険はみんなが入っているから」
アフラックのがん保険の様なCMでなんとなく不安になったから」
とか、その様な理由で加入してしまう人も沢山いるでしょう。

 

 

そのがん保険に入る目的であるその補償は、本当にあなたにとって
の「万が一」ですか?がんに罹る確率なんて本当はうんと低いのに、
生命保険会社の営業戦略にのっかってしまい、無駄な保険料を
支払う「おまぬけさん」になっていませんか?

 

 

がん保険はたくさん病気のある内、がんにかかった時だけを対象
としています。例えば、これは住宅の災害に対する保険加入を
考えた時に、火災が発生した時だけ補償します。と保証範囲を狭めて
いるのと同じで、同じ災害である台風や水害では補償されないのは
住宅に住む目的を考えた時に、ちょっと偏り過ぎてます。
がん保険もこれと同じ事なのです。

 

 

そしてその確率は実はうんと少ないし、補償の割には保険料が高い。
本当はもっと保険料を安くて良いハズ。保険会社が潤いやすい
しくみ。相互扶助と言う本来の目的からかけ離れている。
「だから加入しない方が良い」という考え方もあり、不要論があるのです。

 

 

がん保険は必要ありません!管理人の答え

 

「がん保険は必要ありません!」「その保険料はもったいない」と
ハッキリと言えるのは、高齢になってからの「がん保険」です。

 

 

健康で高齢者の場合、近い将来における「がん」を心配して
その比較的高い保険料を支払うのは、がんに罹る確率と具体的な
治療費を考えた場合、必要ないと考えます。というか今更がん保険
の加入は時期が遅い。と考えます...。ちなみにアフラックが

 

 

「がんを経験してあらかじめ備えた方が良いと思った事はなんですか?」
というアンケートをがん経験者にしたところ、

  1. 経済的備え
  2. がんに関する知識をしっかりと持つ
  3. 早期発見のための健診受診
  4. 気軽に相談できる主治医をもつ。

 

という回答の結果があるそうです。

 

経済的備え=貯蓄に励む。が必要なのは言うまでもありませんが、
何よりも大切のは2の早期発見のために健診を受診する事です。
がんが早く見つかれば、治す確率も高くなりますし、その分
治療費を抑える事ができますからね。

 

 

という事で比較的、高齢者になって、「がん保険は必要?」と
考えたら、まずは上記4点を優先的に行っていきましょう。

 

がん保険は必要ありません!

 

そして本当にがん保険に必要か必要ではないか?というのは
上記の様な考え方もありますが、結局のところは個々によるのです。

 

 

「必要か?必要でないか?」と悩んだまま何もしないのは良くありません。
そんな時は保険のプロに無料相談を申し込むのが一番です。

 

 

保険ビュッフェはおススメです。
無料で相談してもらったから保険に加入しないと悪い。なんて
考えなくても大丈夫^^気楽に申し込んでみて下さい。
  ↓
保険のビュッフェ 無料保険相談申し込み

 

ご自分や家族にがん保険が必要か必要でないか判断するのは
無料相談をした後でも良いのではないでしょうか?

 

 

>>アフラックのがん保険は良い保険!?のTOPページに戻る

スポンサードリンク