アフラックのCMを見たきっかけで良いがん保険を見つけた管理人のがん保険の選び方!!お伝えします。

がん保険の正しい選び方

スポンサードリンク

生きるためのがん保険Days

このアフラックの「生きるためのがん保険Days」は保険のアフラックのがん保険は良い保険?
雑誌等で必ず賛否両論のある「がん保険です」。具体的には

 

<<お勧めできる理由>>
がん治療に専念できる様に幅広い補償が用意されている。

 

<<お勧めできない理由>>
保険料が他社と比べると割高。診断給付金が一回のみで、
上皮内がんは悪性がんの10%の支払いで少ない。

 

 

このがん保険が良いか悪いか?はこの欄ではハッキリと述べません。
下記ページや他のページをご覧になって、最終的にはご自分で
御判断頂きたいと思っております...。

 

 

基本的な補償内容を(ざっくりですが)紹介します。
<<生きるためのがん保険Daysまとめ>>

初めてがんと診断されたら一時金として100万円

初めてがん(悪性新生物)の場合は100万円、上皮内新生物は10万円受け取れます。
※この一時金は1回のみの受取です。

がんによる入院・通院※は日数無制限で1日あたり10,000円

※三大治療による通院の場合です(三大治療とは手術、放射線、抗がん剤です)

三大治療(手術・放射線・抗がん剤)をしっかり保障

入院しなくても三大治療を保障。手術は一部を除き回数無制限、放射線治療は
60日間に1回(回数無制限)、抗がん剤治療は更新後の保険期間を含め通算600万円
まで保障。(※保障プランが入院1万円の場合)

がん専門相談サービスがある

5年以上の臨床経験とがんの知識をもった看護師による訪問面談サービス、
セカンドオピニオンとして利用が可能な専門医紹介などのサービスがあります。

 

 

アフラックのがん保険は良い保険?

 

アフラック(アメリカンファミリー生命保険会社)は
1974年に日本で初めてがん保険を発売した老舗的会社。アフラックのがん保険は良い保険?
そして契約件数11年連続NO.1の称号をもち、人気のある
がん保険を販売し続けています。

 

 

人々から選ばれている=人気のある=売上があり安定的で
安心。という事でがん保険を選ぶというのも良いと思います。
歴史があり、人々から選ばれている。という点で十分に価値
があります。

 

 

どんなに優れた補償内容を販売したとしても、それを販売している
保険会社が存続しなければ意味がありませんからね。その様な
視点で商品を選ぶのは悪くありません。

 

 

しかし当サイトでは、がん保険どれが良い?ページでもランキング
こそ入っているものの1位ではありません。その補償内容を他社と
比べた時、若干見劣り
するので、5位に表示させてもらってます...。
人気がある。CMで放送しているからなんとなく。という感じで
がん保険を選んで欲しくないと思ったから...。

 

 

ではなぜ、補償内容が若干見劣りするがん保険を販売していて
常に契約者数NO1という称号を得られるのか?

 

なぜ契約件数NO1なのか?

 

@営業力が優れているから(良い意味もあり悪い意味も...)
Aがんしか補償しない「配慮の体系」をつくり、それが秀逸。

 

上記の2点だと思います。もう少しだけ詳しくご説明します。

 

営業力が優れているから

がん=死というイメージが強かった1970年代に、がん保険を
日本で発売し、マスコミが大々的に取り上げ話題性・認知性がアフラックのがん保険は良い保険?
高かったこと。アフラックは代理店を上手く活用し、販路を広げる
のが上手い。 などなど数えたらきりがありませんが、参考に
当時の社長のインタビューを載せます。

 

 

当時のアフラックの社長の談話より抜粋

「やり方はいくらだってある。例えば、誰も売った事のない手法で
 生命保険売る。売るのは化粧品でもいいかも知れない。
 どのみち、我々はどこにも負けない営業部隊をもっている」

 

「マクドナルドがハンバーガーを売り始めたのと同じ。私は
 自分がビジネスをするニッチの分野を探していてそれを見つけたのだ」

 

 

誤解を恐れず管理人が私見を述べるならば

商品の優劣は二の次にしてその商品を売る手法が優れている...。
健康食品の通販番組やテレビショッピングに何か似ています...。
ユーザーの悩みや不安を上手くついて、そっと手を差し伸べる。
そんな売り方で成功してきたとも言えますね。

 

 

がんしか補償しない「配慮の体系」とは?

アフラックは「がん保険」という「がんしか補償しない」新たな補償という
価値を提供しました。しかしそれはがんに罹ったら単純に給付金を支払う
という単純なものではありませんでした。アフラックのがん保険は良い保険?

 

 

保険とは結局、経済的な援助にすぎません。しかし、実際にアフラックに
届く感謝の声は、「給付金」そのものよりも「がん」という状況に
対する「アフラック」の関わり方に対するものが多いそうです。

 

 

「がん」とは悪性新生物のこと。「がん」という言葉はその身体的な意味に
とどまらず、「死」「再発」「痛み」であり、患者にとって、その家族に対して
精神的あるいは社会的に影響をもたらします。

 

 

そんな状況にアフラックは細心の注意、心を配り、
例えば、病名を口ごもざるを得ない患者に対する言葉づかいであったり、
被保険者本人に病名が伝わらない様心配される家族に対する細心の
注意であったり、主治医に入院証明書を依頼する家族への気遣いで
あったり、アフラックの代理店や社員によるユーザーへの適切な対応と
「配慮」に対する感謝の声が多いのです。

 

 

アフラックは(がん保険は)「がんしか補償しない」ことによって、その
補償を実現すると同時に、これによって避ける事のできない「がん」という
特殊な「状況」に対する「配慮
の体系」を作り上げた。

 

 

「がん保険」のもつ意味。あるいは価値はこの「配慮の体系」であり、
アフラックが多くの人から選ばれる一つの要因だと考えます。
そしてこの「配慮の体系」こそががん保険の本質をあらわしているかもしれません。

 

以上、文春新書:岩瀬大輔氏著「がん保険のカラクリ」より

 

 

いかがでしょうか?アフラックのがん保険の資料請求はコチラから
 →新 生きるためのがん保険レディースDaysアフラック

 

 

アフラックのがん保険も含めて様々ながん保険を比較して
自分にあったベストながん保険をみつけたい方はコチラ
  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

>>アフラックのがん保険は良い保険!?のTOPページに戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク