アフラックのCMを見たきっかけで良いがん保険を見つけた管理人のがん保険の選び方!!お伝えします。

がん保険の正しい選び方

スポンサードリンク

がん保険選び方のポイント

がん保険とは?という事がざっくりと分かった次はがん保険選び方のポイント
「がん保険という商品」を選ぶ時に私の場合、下記のポイントを
注意して選択・検討していきました。
>>がん保険の特徴とは?のページに戻る

 

※この時「アフラックのがん保険のCM」は頭にありません。

 

診断給付金を何回貰えるか?
がん保険選び方のポイント

 

がんと診断さた時の給付を1回きりしか貰えないがん保険と、
がんと診断されれば何回でもこの給付金をもらえるがん保険
があります。

 

 

がんになった時、一番助かるのは、支払条件が細かくある給付金
よりも、自由に使えるまとまった一時金。なので理想は
この診断給付金を複数回受け取れる方を選ぶ事。
(但し、この一時金の給付は2年に1回を限度としているのが一般的です。)

 

 

具体的には入院した場合、手術をした場合、抗がん剤治療をした場合
などを条件として給付金を貰えるがん保険よりも(入院や通院に連動するよりも)
診断給付金が何回も貰えるがん保険が良いという事です。

 

 

上皮内新生物についても支払われるのか?
がん保険選び方のポイント

 

上皮内新生物※は医学的には「がん」に該当しないので、費用的にも
精神的にも楽なはず。なので、100万円もの診断給付金は必要
ないのではないか。という考えもありますが、私は主契約に
なければ特約等で無理につける必要はないと思いますが、保険料と
のバランスが合えば、あっても良いと考えています。
※上皮内新生物とは転移しないので切り取れば治るものです。

 

 

がんと診断されたら、保険料が免除になるか?
がん保険選び方のポイント

 

がんと診断されたら、それ以降の保険料の支払いが免除になり、
保障が一生続くものが良いです。抑えたいポイントの一つです。

 

 

付帯サービスがあるか?
がん保険選び方のポイント

 

セカンドオピニオンサービス等、保険会社やFPさんが
特に伝えていないものでありがたいサービスがあったりします。
確認しましょう。私はティーペックさんが付いてくるがん保険
お勧めします。

 

 

保障と保険料のバランスを考えて取捨選択をする。
がん保険選び方のポイント

 

保障が厚ければ厚いほど保険料が高くなるのは当たり前。しかし
保険各社のそれは微妙に違っています。同じ年齢同じ保障内容でも
各社保険料にばらつきがあるので色々と比較をしましょう。

 

 

保険料の比較をする時の注意点
がん保険選び方のポイント

 

がん保険ではA社の保険料が比較的安く、B社の保険料が高いけど、
死亡保険ではA社の保険料が比較的高く、B社の保険料が安い。という 
事もあります。また、

 

20代ではA社の保険料が比較的安く、B社の保険料が高いけど、
40代ではA社の保険料が比較的高く、B社の保険料が安い。という
事もあるので比較は慎重に&丁寧に...。

 

 

がん保険選び方のポイント

 

がん保険選び方ポイント まとめ

診断一時金を重視!その回数&給付条件をチェック!
上皮内がんの保障有無の確認!
●がん保険の保障期間は終身で加入!
●さまざまな特約をチェック!

 

 

上記ではざっくり&大まかすぎるのでもう少し詳細に選び方を
考えたい!という方は下記のページに進んで下さい。
>>正しいがん保険の選び方〜保障を選ぶ(前編)のページへ
>>がん保険はアフラックだけじゃない〜がん保険の特徴のページへ

 

>>アフラックのがん保険は良い保険!?のTOPページに戻る

 

 

スポンサードリンク